読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

以下ライブレポではなく完全なひとりごとです。気を悪くされる方がいるかもしれないので、閲覧自己責任でお願いします。だったら公開すんじゃねーよって話ですが、ちょっとしんどくて捌け口が欲しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頻繁にインディーズのライブに行くようになって、二年になろうとしています。最初はバズマザーズばっかり行っていたけど、最近はすっかりビレッジマンズストアの虜。ビレッジのライブを初めて観たのはバズマザーズのリリースツアー名古屋編O.A。最初に観たビレッジのライブがUPSETでのライブって、今となっては運命的な出会いだと思う。あの日は「欲望」も聞けたし。

 

半年くらいは一人でビレッジのライブ行ってたんだけど、ある日優しい方が声をかけてくれて、それから知り合いがすごく増えた。みんな優しくて、Twitterとかでも絡んでくれるし、ライブ後に打ち上げ行ったりしてすごく楽しい。

 

話は変わって、昨日ギイさんがマナーに関する注意をツイートしてた。流石に明言してないけど、深読みすると場所取りとか出待ちとかやめてなってことなのかなと思ったりした。

確かに、他のバンドのファンで最前確保してるって人あまり見かけない。ビレッジのファンが最前に対して執着心ありすぎなのか、最前で観るビレッジのライブが魅力ありすぎなのか、私はすでに色眼鏡かけまくってるので判断できない。

私もよく最前で観てるけど、チケ発の日にコンビニ行って良番のチケットとったり色々努力してる結果なんですよ。仲が良い人が譲ってくれたりすることもあるけど、見ず知らずの人からしたらそれも割り込みになってしまうのかもしれないね。でも、地蔵になったりしないで他のバンドのライブも楽しむし、もし最前で観たい他のバンドのファンがいたら譲ったりしている。

でも結局傍から見たらビレッジのファンは最前でずっと場所取りしているって思われてしまうのかもしれない。難しいな。

 

一人でライブ行ってた頃は終演後即行帰っていたから全く知らなかったんだけど、この界隈のバンドは毎回とは言わないけど終演後メンバーがフロアに出てくるしサインしてくれるし写真も撮ってくれたりする。大学までメジャーなバンドのライブとかフェスしか行ったことなかったから最初は驚いた。

そうすると、やっぱり出待ちって発生するよね。箱のスタッフさんにしてみれば、迷惑以外の何物でもないと思う。苦情の原因になるし、箱の存続に関わることだってあると思う。あー、でも仙台Flying Sonのスタッフさんはめちゃ優しかったな。。。あれは神対応だった。

ちょっと手を伸ばせば手の届くところに大好きなメンバーがいるんだもん。そりゃあ話しかけたいしサインもらいたいし写真撮ってもらいたいよね。でも節度をわきまえないといけないのはわかっている。箱の人にあのバンドのファンはマナーが悪いと思われたくないし。気を付けていなかったわけじゃないけど、バンドのフロントマンにあんなこと言わせてしまって本当に申し訳ないなと思う。毎回話しかけに行ったり出待ちしていたわけじゃないけど、当分控えよう。

 

あとそういうマナー違反に対して正論振りかざして批判してる人見かけたりするけど、それじゃあ何も解決しないと思う。正論振りかざして全部解決できるほど世の中簡単じゃないって社会人になって身に染みて実感した。逆に正論振りかざせば振りかざすほどこじれることのほうが多い気がする。

出待ちするな・メンバーと長話するなって言ってる人がメンバーと話したりしてるしね。話してることに関して私は批判も何もないけど、お前言ってることと行動が伴ってないじゃんってなるよ。説得力なし。ただの僻みやっかみにしか聞こえない。Twitterの空リプ批判とかほんとナンセンス。

時と場合によるけど、どんな時もまずは相手を否定せずに話を聞いて肯定することが大事なんじゃないかなって、いろんな人の話聞いてると思うよ。

 

見なきゃいいんだけど、気になって某大型掲示板に書かれている内容も見た。一つだけ言わせてもらうと、ロマンティックのあの件はWESTが初じゃないぞ。今年の初めは「君の!君の!ロマンティックに火をつけて!」ってギイさんが一人で言って曲が始まってた。その後、第二形態で女の子の頭掴みながら「君の!君の!こっち向いて、君のロマンティックに火をつけて!」があり、最近は他のバンドの男性ファンつかまえてロックンローラーのお仕事聞くバージョンやってる。まあ、あの掲示板にいる人はそんなライブ頻繁に来てる人じゃあないってこった。気にしないことにする。

 

バンドを応援する身として、ビレッジマンズストアのロゴを背負わせてもらっている身として、私にできることを考えて実行しようと思います。

 

以上、深夜のひとりごとでした。読んで気を悪くされた方がいたらごめんなさい。